• 201707 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201709

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

ギリシャ訪問その2

今日は、山の方へドライヴに行ったときのにいったレストランです。

restaoutant2.jpg

こんな風に坂の途中に,ポーンと現れます。そこの入り口で焼いているのが,こんが感じ!pimento2.jpg

pimento.jpg

これだけでも,美味しそうでしょ。
ここで食べたのはお肉です。ここではお客さんを台所に呼んで,
食材を見せてくれて、選ぶようにと言ってくれました。
その台所で作っていたのがチーズパイ。paimake.jpg

この写真とるのに何回か失敗したんですけど、このおばさん同じようにポーズとってくれました。
そしてこれが焼き上がったパイ、形が何とも野性的ですよね。
pai.jpg

そしてここではもちろん赤ピーマン。pimeto3.jpg

それにグリークサラダ
greeksalada.jpg

このフェタチーズの量を見てください。なんと下のトマトがよく見えない!
そしてグリークソーセージ。これ長ーいんです。greeksousege.jpg

そしてメインは豚肉porkandpoteto.jpg

そして忘れていけない、ホルタ
horta2.jpg

今日のホルタは、salahiさんも記事になさっていた。ブリタです
お腹もいっぱいになったのでもう少しドライヴして山の方に。
そこから見える景色は,なんか日本みたいでした。view2.jpg

view3.jpg

さてここまではイントロ、これから本題に入ります。そう義母の大恋愛ストーリー。
前回の記事に『聞くも涙語るも涙』ってかいたんですが、本当はこんな幸せな人ほかにいないんじゃない??みたいな、私はやっぱり,嫁の立場は隠せない。寛大なアヤナーさんでも、コノーっとか思うときあるんです。そこのとこ,お含みいただいて、では始まり始まり。
仮に義母のことをL子と呼びましょう。(外人で子?)L子は今から83年前ギリシャの片田舎のまあまあ裕福な家庭に1男4女の長女として生まれます。小さい頃から音楽の才能にたけていて、幼少よりピアノを始めます。町では頭の良い,ピアノのうまい少女と評判になります(って自分で言ってた)さて、そこから話は一気に、戦後になるんですが、このL子に留学の話が出ます。アメリカに行ってもっと研修を積んで一流のピアニストを目指しなさいというわけです。でもそのときL子は心に決めたカレシがいたのです。相手は,ハンサムな、たくましい、将来を期待される、医者の卵。心揺れ動くのですが、『大丈夫、きっと僕もアメリカに行くよ!』という言葉を信じて,一路アメリカへ!
さて,ではここで登場したカレシをM君と呼ぶことにしましょう。
さあ、アメリカに渡ったL子は優秀な成績を収め、もう一つ上の学校へと進みます。NYの音楽学校へと移ります。さて、その頃、M君は一生懸命アメリカに行く手段を考えるのですが、なんと言ってもその頃のギリシャのお金とドルでは、比べ物になりません。覚えていらっしゃるでしょうか?その時代、1ドル365円だったんです。今は、115円ですよ。まあ外国に行くのにいい時代になりました。って話をもどしましょう。お金の工面のたたないのではM君は、アメリカに行けません。
L子は、新しい学校で、仲間にも恵まれ、楽しい生活を送ります。そのとき一人の男性に声をかけられます。『私もあなたの同じ学校に行っているものです。良かったら一緒に演奏してもらえませんか』そう、ここで登場するのがN君、すごくすてきな、クラリネット吹き。と言えば皆さんももうお分かりですね、そう主人のお父さん。そんなこととは知らないM君せっせと手紙をL子にます。L子も手紙をせっせと書きました。
そんなある日、L子の夢枕に父親が現れます(これも自分で言ってる)
そこで父親が何を言ったかはわかりませんが、その後、実家から、父親の死を知らされます。家の大黒柱をなくした実家に、L子は演奏する仕事が入っていたので、仕送りをはじめます。さっきを言ったようにドルの価値は高いので、少し送ってもギリシャではかなりの金額になるはずです。そのお金は家族に大きく役立ちました。あるときM君の所に、L子の母親から連絡が入ります。内容は『もう娘のことは忘れてください。アメリカで成功しているのでL子はこちらに帰ってくる気はないようす。もう手紙を書かないでください。』というもの、そしてそのときから、L子に手紙はいっさいこなくなるのです。 そうこれはL子の実家は彼女の仕送りが止まるの恐れて、M君に嘘をついたのです。そんなこととは知らないL子は、M君をあきらめます。
そして、L子はその後、あのクラリネット奏者のN君と晴れて結婚をします。ッでうちの主人が生まれる訳ですが、私的にはよかったなってあのM君の子じゃ私やだ!!って関係ないか。。。
長くおつきあいいただきました、恋愛もの語りもそろそろ終盤に入ります。
さて、今から10年前、主人の父は亡くなります。家族は悲しみのどん底に陥ります。が、、、そのすぐしてから、なんかL子の昔の友人を子供たちに紹介されます。かなりのお年のおじいさん、英語が全然できないからコミニュケーションがとれない。なんだかよくわからないうちに、あれよあれよとこの二人結婚しちゃったんです。もちろんこの友人はあのM君です。L子75歳、M君85歳晴れて二人は結ばれました。チャンチャンなんですが、これがここでめでたしめでたしで終わらない。L子は痴呆症なんです。進みはスゴーク遅いんすが、でも忘れ始めてます。そんな訳で我々も、できるだけ、ギリシャに彼女に会いに行くんです。
ただ、すごいのは、今でも、朝起きるとピアノを弾くんです。(これは医者も驚いています。)ほとんど暗譜で!今回も、ベートーヴェンの月光ソナタを弾いてくれました。そこでM君が一言『この曲は彼女が僕と別れる最後の日に弾いてくれた曲なんだ』って本当かよおおお!!
て思うのは私だけでしょうか????
現在L子83歳M君92歳。
長いお話におつきあいいただいてありがとうございました。それでは最後に彼らのツーショット。これみたら、もう何でも許せちゃうお嫁さんのアヤナーなのです。
TwoShot.jpg

Pagetop

Trackback

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006-06-26│01:14 |
  • [edit]
ともまささん本当にお久しぶりです。そうこの後ろ姿見たら、いつまでも2人元気でいてください、って思っちゃいますよね。今は、家族が2倍になたってみんな喜んでいるんですよ。
又いらして下さい。
  • 2006-06-26│02:10 |
  • アヤナー URL
  • [edit]
母と同じ年
アヤナーさん (yukiです)

ここまで誰も来ないと思いますが、アメリカに住んでいた時、結婚したい人がいました。
日本でも学生だったので、一度卒業してからアメリカに戻ると約束しましたが、距離と時間・・・で離れました。
1ドル365円の時代も覚えています。
沖縄が外国でした。

母も83歳です。元気にスポーツクラブで水泳を楽しんでいます。
今でも800mくらい泳ぐそうです。

アヤナーさんのお話で、いろいろだぶるところがあり、昔を思い出しました。

アメリカの話はコメントで返さないでくださいね。
読む方も多いので・・・。
Garcia Marquezの
小説みたいなお話ですね。 お義母さま、幸せな人生ですよね~。

ところで、やっぱりキッチンまで食材を見に行くシステムってギリシャのレストランではよくあるんですね~。大きなグリルがすばらしいわ~。 
  • 2006-06-26│19:00 |
  • melocoton URL
  • [edit]
yukiさん、おはようございます
今日のNY雨、それも小雨でたまに強く降ったり、はっきりしない天気です。
元気なお年寄りが私は大すき!お母様お大事になさって下さいね。
まあいらしてください。
  • 2006-06-27│00:22 |
  • アヤナー URL
  • [edit]
melocotonさんこんにちは。そうそう来れかえてるときmelocotonさんの目を指差してる、記事思いだしました。
それが習慣なんすね。
又いらして下さい。
  • 2006-06-27│00:24 |
  • アヤナー URL
  • [edit]
壮大な大恋愛ストーリーに感動して、何だかウルウルしてしまいました...。M君はずっと独身だったんですか?

古き良き時代のNYにも憧れます。多分、義母さんがあちらでピアノを弾かれてたのと同じ頃だと思うんですが、夫の祖母の弟はブロードウェイの舞台に立っていました。どこかですれ違ってたかも...って想像すると、何だかロマンですよね~。
理想だわ~~~
まずお義母さんの仮名がL子さんなことに笑ってしまいました。"^_^"
このお義母さまの血をそのまま受け継いでいるのがアヤナーさんの旦那様なんだな~なんて思いながら読んでいたら…。
お義父さまもクラリネット奏者であられたとは、旦那様はお義父の血を受け継がれていたのね~と思いながら読んでいたら…。
何と何と!最後にM君とご結婚されたんですか~~~?
それまでの間M君と交流はあったのかとか、salahiさんもおっしゃっているようにM君はずっと独身でいらっしゃったのかとか、いろいろ考えてしまいました。
でもお義母さまはとても幸せな人生を歩まれてますよね。
私もそんな風に生きたいな~。(って旦那が先に死んじゃうのでしょーかね・笑)

一番最初のお写真の、お肉やらピーマンやらが焼かれている姿が可愛いです。
なんだかその匂いだけで沢山注文してしまいそう!!
ステキなお話♪
こんにちは、以前一度書き込みさせていただいたmocataroです。

ギリシャの旅、おいしそうなものがたくさん登場してうらやましいです!
 2年ほど前に私もアテネを旅しました。

 素朴な調理法だけに素材のおいしさが分かりますよね。

 義母さまのお話、ステキです!
 生涯で想った男性二人と幸せな家庭を築けるなんて…

 L子さんをいったん諦めた後のM君の人生がどんなだったのかも
とっても興味が沸いちゃいます♪
  • 2006-06-27│08:05 |
  • mocataro URL
  • [edit]
salahiさんこんばんは!実はM君は結婚して2人こどもがいて、その後いつだかわからいのですが、離婚してます。あんまり幸せな結婚生活ではなかったようです。
ご主人のご家族にブロードウェイにたってた方がいらしたなんて、ほんと、主人の両親とどこかでつながっていかもしれませんね。そうしたらかなり面白いぐうぜんですね。
又そちらにいきますね。v-290
  • 2006-06-27│09:34 |
  • アヤナー URL
  • [edit]
楽子さん、そうですよね,かなり幸せな人だと思います。このM君は結婚生活があまり幸福でなかったようで、娘と息子がいるんですが、その娘となんかもう4年以上も会ってないみたいです。結構複雑。人間いろいろあるけど、やっぱり我慢しないで,生きるのが長生きの秘訣かもしれませんね。またいきまーす。
  • 2006-06-27│23:55 |
  • アヤナー URL
  • [edit]
mocataroさん、お久しぶりです、っていうかブログはいけんしてます。やっぱりこういう料理法は素材が良くないと美味しくないでよね。何でもオルガニックってかんじです。このホルタもくたくたに煮てあるんですが、なんか味があって、はまるおいしさです。韓国で美味しいもの召し上がりましたか?釜山の飛行場で食べた冷麺の味がいまだに忘れられません。
またそちらにおじゃまします。
ちょっとシャイになっていましたがこれからはコメントさせていただきます。これからもどうぞよろしく!
  • 2006-06-28│00:02 |
  • アヤナー URL
  • [edit]
アヤナーさん、こんばんはv-22

食いしん坊なワタシはでっかいチーズがのったサラダに目が釘付けです~(笑)あのチーズの塊に食らいつきたいわ~e-269

ところで、お義母さま(L子さん)と元恋人のM君のロマンチックな恋物語・・・『恋愛するよりソファでうたた寝してる方が幸せ~e-266』という美しい恋心を失ってしまったワタシには新鮮ですe-420

年老いてもなお愛し合うお2人の後姿・・・素敵ですe-460
  • 2006-06-30│00:25 |
  • あまおう URL
  • [edit]
あまおうさん、こんいちは! やっぱりギリシャのフェタチーズはおいしいです。これがまたトマトとよく合うです。あまおうさんチーズおすきなんですよね。わたしもダーい好き!
この二人、よく喧嘩もしてるんです。でも喧嘩するほど仲が良いってことですね。
又いらして下さい。
  • 2006-06-30│04:19 |
  • アヤナー URL
  • [edit]
なんてロマンチックなストーリーなんでしょう。
本当にこんなことがあるのですね。本にでもなりそうですね。
今お二人は夢が叶えられてとっても幸せでしょうね。
私もそんな人生を歩きたいです。

お義母さま痴呆なのに毎朝ピアノを弾くというのに感動しました。

それにしてもアヤナーさんのご家族は皆さん音楽家なのですね。

グリークサラダのチーズの量には驚きです。でも美味しそうです。
  • 2006-07-02│21:22 |
  • ポメマル URL
  • [edit]
ポメマルさん今晩は!やっぱり我が家でおきてること何ですが、いつも凄いなあ!と思っています。本当に幸せな女性だと思います、義母は。ピアノが弾けるうちは元気でいてくれると家族で信じています。
そうそう、ギリシャの方々はチーズを食べるのが健康に絶対良いと信じていると思います。このくらい4人でぺろってたちゃいました。空気のせいかもしれませんね。
でも私はしっかり4キロ元に戻ってしまいました。
とほほです。
まらそちらにうかがいますね。
  • 2006-07-03│14:30 |
  • アヤナー URL
  • [edit]
はじめまして
こんな古い記事にいきないコメントすみません。
でも最近他のブログを通しあやなーさんのブログを知り、いつもの癖で
最初から読み返させていただいてます。
と、前置きが長くなりましたが、お義母さんのお話、感動です!
失った時間は取り戻せないけど、でも第二の人生を今愛する人と一緒に
過ごせてるんですもんね。一粒で二度おいしい(?) うらやましいー。
写真を見ながら、ジーン・・と一人で感動にひたっておりました。
ところで私も海外在住です(ポルトガルに住んでます)。これからも楽しみにしてますね。
まずは現在の記事までたどりつくことが目標です!
  • 2008-03-19│02:25 |
  • jojo URL│
  • [edit]
こちらこそ初めまして!
jojoさん、初めまして、はじめから読んでいただいてうれしいです。
ところで、先日主人がポルトガルにいっていたんですよ。偶然にしてもびっくりしちゃいました。
おいしいチーズを買って帰って来ました。
ところでこの義母の後日談があるんです。それを近々にウップしようと思ってます。
これからもどうぞ宜しく!
  • 2008-03-20│03:28 |
  • アヤナー URL
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

アヤナー

Author:アヤナー
結婚してから21年、それからずーとNYに住んでいます。とにかく美味しいものを食べること趣味!高血圧気味で直ぐカッカしてテレビのニュースやネットの記事に一人でブーブーおこったりしてます。美味しかったレシピやレストラン、起こった(怒った)出来事を書いていきます。どうぞよろしく!

最近の記事

ブロとも申請フォーム

アヤナーのレシピブログです

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。