• 200809 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 200811

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

甲殻類攻めになってみました。

更新しないと、ブログペットのパンダに乗っ取られそうなので、慌てて更新です。
因みに楽子さんのおっしゃるとおり、旦那とペットは同一人物ではありません。(笑)
さてさて、カニ、ロブスター、モードになっていた私は、どうしてもロブスターが食べたくって、前週末、我が家でロブスターパーティーをしました。だただた、ロブスターを一人一匹、誰にもじゃされずに堪能しようと言うパーティーです。
朝、早々とチャイナタウンにロブスターを買いにいきました。と、その水槽の隣にカニもいるでは無いですか、もちろんゲット、さすがにロブスターとカニを一匹ずつ食べるのは無理なので、カニは一匹だけ購入、みんなでわけます。
普通カニとかロブスターを茹でるか、蒸す方がほとんどだと思いますが。私のは地獄焼き!生きたまま(美味しく食べる事を誓って)ふたの出来る大鍋に入れて、白ワインを豪快に注ぎ、(半分くらい)そしてmわかめを(海藻なら何でも良いと思いますがここではわかめしか手に入らないので、昆布じゃもったいないし)ロブスターやカニの上にのっけて、そしてそして、250度以上のオーブンの入れて、蒸し焼きにする事、1時間!完成です。バーン
ロブスター2
むしゃむしゃと美味しくいただきました。 ロブスター1 
ロブスター0
旦那は今回、ロシアにいたので、不参加!電話で「いいなあ、ボク食べたい」とまるでパンダのチャーリーのような日本語いってました。
今度はカニだけ一匹満喫パーティーやります。
でもね、やっぱ毛蟹やタラバや越前がにの方がずーっと美味しいけどね。

スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

ガイドブックにも載っていない、片田舎に行って来ました、(BlogPet)

アヤナーの「ガイドブックにも載っていない、片田舎に行って来ました、」のまねしてかいてみるね

先週末主人が最初にイギリスの中はとにかくアメリカのと思っているという訳ですよね。
そして、作り物でなく、もしや私もかしこもというと期待して、ボストンから、クラブケーキそしてどこでも食べた事ですよ)そして、形はを考えると思ったんだろ?なんて演奏した家の北はカニ』因みに主人の仕事で貴重なときはとにかくアメリカのはなく17世紀の小さな街ですが、良しという事かもしれませんね!
そしてめった食べられたが凄いの中でその頃にもありつけた家家を出るとジャガイモで貴重なの仕事で4時間ほどの移民が『カニ、作り物でしまいました私はを頼んで作ってあるのクラリネットコンチェルトで1629年に看板が思っている限りでいます。
このようにひたれるの中で食べない人口21000人だった私もありつけたが最初に作曲されたの北は私はこんな感じでも茹でロブスターカニ』次に『ニューイングランドクラムチャウダー!』(イギリスから車で蟹三昧の帰る日に思ったこの街をこの看板が最初にひたれるの小さな街は1791年からもっと北に通ったので、フロリダもとしちゃいましたかという訳ですが続くこのように住んで貴重なときはカニ』次に『カニの誰かさんが凄いのですが海沿いの移民が海沿いの私はずーと、そんなの誰かさんのアサリ入りの雰囲気はとにかくアメリカのとジャガイモでいます!
まあ、シーフードに家々に通った事を聴きながら考えちゃいました私も蟹三昧のが海沿いのニューイングランドクラムチャウダー次はとにかくアメリカのガイドブックに住んで蟹三昧のことだと聞いていた私も同じ時代にあるのはいたところでしまいましたダイナーに作曲された私はそれと期待していきました私はずーと思っているという事はメニューにあるの家家を出ると思って、街をそのままのこしています。
いまだに何に建てられ、きれいな事は私が一生懸命歴史をうらやましすぎたときだったそうですよね!!
だから外から見る街ですがグルグル廻って、クラムチャウダーと同じという事はそれと思ったときはカニって言うのガイドブックに行ってどこに看板があった何にも無い道で、ここはメニューにあって、作り物でいっぱいなときはあたりまえですが住んでなく、シーフード頭のクラリネットコンチェルトで最も古い時代にあるこの街のクラリネットコンチェルトでいっぱいなの雰囲気にあってあるの私はずーとジャガイモで最も古い時代にあった港町で作ってある、クリームと、わかっていましたかという事は大雨、ムール貝そしてめった食べられ、町並みは私はずーと同じ時代に誰が一生懸命歴史をそのままのこしてあるこの看板の私は何とフィッシュアンドチップス日本の仕事でなく、町並みはで蟹もとしましょう!コーン入りの家のガイドブックに誰がもうすでに移民が続くこの街を考えると同じ時代にあるこの街ですが最初に看板の街へ行っているって行ってるもんだと思った事で貴重なの仕事でその頃に思った私もかしこもと同じ時代に行ってるもんで見つけたのニューイングランドクラムチャウダー!コーン入りチャウダーがかかって、ボストンのクラリネットコンチェルトで最も古い時代に通った家のもう少し北に住んで貴重なときはなく17世紀、シーフードに作曲されたもんだとジャガイモで最も古い時代にあるこの街が住み着いてあるのと思っているって言うのとジャガイモでいました港町で蟹三昧の誰かさんが住み着いたロブスターロールです。
我々は違いました事で、町並みはこんな感じでも食べない人口21000人はそれは違いました曲がもうこちらでその作品は大雨、ボストンから車で見つけたかという事はなく、『マンハッタンクラムチャウダー』因みに主人のことを出ると同じという訳ですよ)そして『カニ』次に『カニって行ってどこに行っていながら、ロブスターも同じ景色がかかっているって行ってるもんだそうですが海沿いのは多分絶対載って、きれいな事に通ったダイナーにはカニって行ったんね?
ボストンの仕事で見つけた事は多分絶対載って、18世紀、ムール貝そして、町並みはいないフィッシュアンドチップス日本のレストラン。

*このエントリは、ブログペットの「チャーリー」が書きました。

Pagetop

[Edit]

ジャガイモとか期待した(BlogPet)

きょうは、ジャガイモとか期待した?
だけど、ぽん太は景色は失敗したよ♪

*このエントリは、ブログペットの「チャーリー」が書きました。

Pagetop

[Edit]

ガイドブックにも載っていない、片田舎に行って来ました、

先週末主人の仕事で、マルボロヘッドという、ニューヨークから車で4時間ほどの北にある、街へ行っていきました。                
Marbolohead0.jpg
ボストンのもう少し北にあるこの街は港町で、日本のガイドブックには多分絶対載っていない人口21000人の小さな小さな街です。
でも、ここはとにかくアメリカの中で最も古い時代にイギリスからの移民が住み着いたところで、わかっている限りで1629年からもうすでに移民が住み着いていたそうです。
この街が凄いのは、その頃に建てられた家家をそのままのこしているという事です。
いまだに何年に誰が住んでいたかということをこのように家々に看板がかかっています。
                    Marbolohead.jpg
だから外から見る街の雰囲気は18世紀と同じという事ですよね。我々はいたときは大雨、きれいな写真が撮れなかったのですが、町並みはこんな感じ
Marbolohead8.jpg
でもヨーロッパの事を考えると、そんなのはあたりまえですが、小さな街が一生懸命歴史を残そうとしているって言うのは良い事ですよね。
ニューヨークやボストンの街を出ると、ファミリーレストランやモールがあってどこにいって、フロリダも西海岸どこもかしこも同じ景色が続くこの国においては、作り物でなく17世紀、18世紀の雰囲気にひたれるのはそれはで貴重な事かもしれませんね。因みに主人が演奏した曲がモーツァルトのクラリネットコンチェルトでその作品は1791年に作曲されたものなのですがそれと同じ時代に住んでいたこの看板の家の人はどんな人だったんだろ?なんて演奏を聴きながら考えちゃいました。

ボストンからもっと北に行った港町と聞いて、食いしん坊の私が最初に思った事は、『ロブスター!』
次に『カニ』(イギリスの誰かさんがもうこちらで、カニ、カニって行ってるもんだから、もう頭はカニの事でいっぱいなときだったもんで、もしや私もと期待しちゃいましたよ)
そして『ニューイングランドクラムチャウダー!』
因みに、クラムチャウダーというと、私はずーとクリームシチュウー見たいのことだと思っていたのですが、何と2種類あって、クリームとジャガイモで作ってあるのが、『ニューイングランドクラムチャウダー』、トマトベースのアサリ入りチャウダーが『マンハッタンクラムチャウダー』だそうです。だから、ボストンの北は『ニューイングランドクラムチャウダー』という訳です。

ロブスター カニ、カニ、 シーフード 

頭の中はを以上がグルグル廻っていながら、いったのが海沿いのレストラン。
           Marbolohead1.jpg
でも茹でロブスターはメニューにはなく、ここで食べたのはこれ!
           Marbolohead3.jpg
コーン入りのニューイングランドクラムチャウダー
次は、ムール貝5Marbolohead.jpg
そして、そしてどこでも食べられ、クラブケーキ
Marbolohead6.jpg
そしてめった食べないフィッシュアンドチップス
                 Marbolohead4.jpg
日本で蟹三昧の誰かさんの事をうらやましすぎた私は何とフィッシュアンドチップスを頼んでしまいました。

そして最後の帰る日に通った何にも無い道で見つけたダイナーにあったロブスターロールです。
          Marbolohead12.jpg
まあ、形は私が思っていたのとは違いましたが、一応、ロブスターも蟹もシーフードにもありつけたので、良しという事にしましょう!

Pagetop

[Edit]

松本へ重宝(BlogPet)

きょうチャーリーが被害はミックスしたいです。
それできょう、公演も散歩したかったの♪
でも、松本へ重宝ー!

*このエントリは、ブログペットの「チャーリー」が書きました。

Pagetop


プロフィール

アヤナー

Author:アヤナー
結婚してから21年、それからずーとNYに住んでいます。とにかく美味しいものを食べること趣味!高血圧気味で直ぐカッカしてテレビのニュースやネットの記事に一人でブーブーおこったりしてます。美味しかったレシピやレストラン、起こった(怒った)出来事を書いていきます。どうぞよろしく!

最近の記事

ブロとも申請フォーム

アヤナーのレシピブログです

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。